日産ゴーン社長逮捕で日本の検察は官邸の指示で動くことを世界に拡散、三権分離終了で大日本独裁国家爆誕

日本のTENGA JAPAN

スポンサードリンク

ゴーン
フランス工場拡大させ雇用を作れ
日産
採算が合わない、そんなことしているゆとりはない
ゴーン
じゃあ、吸収合併で君たちは首だ!
日産
検察に頼んでクーデター

飼い主にしか尾を振らない忠犬・日本

安倍は米トランプ大統領にかつての日米首脳会議で、日本の自動車メーカーの米国工場を作れと要求され、対米従属路線の日本はすんなり従った。対米従属国だから従順なだけだった日本に、仏マクロン大統領は日産の仏工場の拡充で雇用を作り政権基盤を強化しようと、抵抗する日産経営陣を一掃し経営統合を目指したのだろう。

ルノーの統合攻勢にゴーン会長逮捕で応えた日本経営陣

ルノーの統合攻勢に対して日本人経営陣のとった手段が検察によるゴーンら2人の逮捕。世界は日本の検察は官邸の思いのままに動くことを知った。北村内閣情報官は伊藤詩織さんを強姦した「総理」著者・山口の逮捕を潰した。

日産ゴーン会長逮捕は、外資が株式の48%所有しても完全支配ができないことを示した。ルノーは、取締役会議で多数派を形成していても経営戦略で対立すれば日本人経営陣の考えを尊重しなければならないことを知った。

ルノーによる日産支配=乗っ取りを安倍政権が防衛

少し前なら企業同士の合併に政権が乗り出すことはなくグローバリゼイションとして受け入れていただろう。
マクロン政権によるルノーによる日産の完全支配=乗っ取りを安倍政権が防衛。これが逮捕劇の本質だろう。日本は、もはやグローバリゼイションを語る余裕を、すでに失くしている。

超有名人で、逃亡の恐れもないのに勾留

勾留時には尻の穴まで検査を受ける。自殺予防とかの理由で。弁護士もつけない長時間の尋問。超有名人で逃亡の恐れもないのに勾留。事情聴取で本人の言い分を聞く機会も与えられずいきなり逮捕。逮捕理由が形式犯。異例づくめで、仏マスコミが沸騰するのも当然だ。

日仏の外交問題に発展しかねない問題なのに捜査状況を記者会見で発表することもせず、記者へのリークで情報を小出しにする手法。メデイアから記者会見すべきという声も上がらない。国際標準から程遠い日本捜査当局とマスコミの逮捕ショー、そして日本の人権感覚に、世界の人々はドン引きしただろう。

ルノー側取締役もゴーン会長らの解任に賛成

ルノーは2015年12月11日、日産がルノー株25%取得することを容認した。これで日産はルノーによる吸収合併に対し拒否権を法的に獲得。吸収合併は消えたかに見えた。日産の取締役員の構成は現時点ではルノー派が多数。再度、吸収合併の動きが今年に入り仏側から。取締役会議直前に2人逮捕。

マクロンはこの件で人気はさらに落ちるだろう。日産を吸収合併し自国の雇用拡大を狙ったが、日本企業の利害を無視し日本政府の逆りんに触れたことは、検察をも使ったところに示されている。ルノーは日産に屈服するしかない。考えが甘い青二才でしかなかった、と。

昨日の取締役員会議でルノー出身の2名もフランスからのテレビ会議で出席し、ゴーン会長ら2人の解任に賛成した。驚いた。

拘置所に収監され肛門まで調べられるという屈辱を舐め、弁護士、家族との接見も禁止、毎日長時間の取り調べを受けるゴーン元日産会長。金の力で何でもできる「権力者」が一夜にして地獄へ転落。出所した日、彼は何を語るのだろうか?

関連記事

逮捕に対する疑問を訴える報道

さらに謎が深まる

日仏直接対決!ついに新たなステージへ

ネットの声

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です