韓国金浦空港で日本厚労省課長が「I hate Korean!!」ヘイト暴行で現行犯逮捕

韓国でヘイト暴行の武田康祐さん

スポンサードリンク

独立100周年の韓国にヘイトでお祝い

「3.1独立運動100周年で反日感情で危ないから韓国旅行は自粛を」

そんな、まるで被害者のような注意喚起をしたばかりの日本政府の関係者が2019年3月19日、韓国の金浦空港で「I hate Korean!!(俺は韓国人が嫌いだ!)」とヘイトスピーチを繰り返した後、職員に暴行したとして、日本の厚生労働省の現役課長が韓国警察に逮捕された。ナッツリターンならぬヘイトリターン。暴行も加わり、事実上のヘイトクライムだ。被害者ヅラで加害者になるという、なんとも恥ずかしい列島サイズブーメランが炸裂した。

武田康祐さんが韓国でヘイト暴行
金浦空港で武田康祐さんが韓国人に「I hate Korean!」「I hate Korean!」とヘイトスピーチし暴行する姿

韓国職員を蹴りやパンチで大暴れ

韓国メディアJTBCの報道によると、日本人の男は「I hate Korean!」とヘイトを繰り返し韓国航空会社の職員を相手に蹴りや拳でパンチなどで大暴れ。

男は厚生労働省の労働基準局で賃金問題などを担当する武田康祐容疑者(47)で16日から渡航。本人のフェイスブックに自身で「なぜか警察に拘束されてます。殴られてけがをしました。手錠をかけられ5人に抱えられ。変な国です」などと書き込まれていたという。

日本国内の論調

日本国内の論調はまるで、ささいなトラブルかのように報じ、「取り調べ」「一時拘束」という単語をならべ、「逮捕」という言葉を必死に避けている。容疑者という表現も使わず「稲垣メンバー」を彷彿とさせる曖昧な表現でスルーを決め込んでいる日本。なぜでしょう。

厚生労働省課長、韓国でトラブル
「厚生労働省課長、韓国でトラブル、空港で暴行、ヘイト発言か」「暴言を吐いた疑い」と、動画ではっきりしているのに疑問口調で、相変わらず忖度報道の日本マスコミ。

2日前にも同じ場所で騒いでいた

暴行の現行犯・武田容疑者は暴行で逮捕・拘束されたあと、釈放されたが、騒ぎを起こしたのはこの日だけではなかったことが韓国の報道でわかった。二日前にも韓国航空警察の御用になり帰宅させれていたのだ。そして二日後に同じ騒ぎ。あげくにSMSに否定の文章を上げていた。みっともない言い訳、想像通り…変な国です。

ソウルの空港で暴れたのは厚生省課長

なぜか警察に拘束されてます。殴られてけがをしました。手錠をかけられ5人に抱えられ。変な国です。

厚生労働省労働基準局課長・武田康祐(47)のフェイスブックより
厚生労働省・武田康祐のパンフレット
さほど長くもない文章の中に7回も「総理」と書き忖度するヒラメ官僚っぷりがクールジャパンだ。(厚生労働省・武田康祐のパンフレットより)

列島級ブーメラン炸裂!

武田容疑者は普段からフェイスブックで「韓国は異常な国」との嫌韓投稿を繰り返していたことでも知られる。

もし、この動画がなければ、暴行犯である武田容疑者の「なぜか警察に拘束されています」「殴られけがをしました」の言葉が日本で実しやかに報じられ、日本では信じられていたことだろう。人が見ていないところで平気で嘘をつき、暴行する。テレビを通じて大々的に韓国への渡航自粛を訴えた国がまさにヘイトの国だという列島級のブーメランが官邸に刺さる形となってしまい、菅官房長官は貝になりたい気分だろう。まさしく因果応報だ。

休暇で韓国旅行中に

武田康祐

更迭という名の、事実上の栄転、またか

厚労省人事課によると、男は休暇で韓国を旅行していたといい、「幹部職員が海外でトラブルを起こしたことは誠に遺憾でお詫び申し上げます」とコメント、2019年3月20日付けで男を大臣官房付に更迭、と言う名の事実上の栄転で、モリカケ疑惑でおなじみの公文書捏造国家らしい幕引きである。

韓国の空港でのお騒がせ事件といえばナッツリターン事件が有名だが、ヘイト暴行で大暴れしたこの事件に名前をつけるなら「ヘイトリターン」あるいは「ジャップリターン」とでも呼ばれるのだろうか。「嫌なら祖国へ帰ればいい」が名文句のネトウヨはこの騒動どう思うのだろうか。

韓国でヘイト暴行の武田康祐さん
厚生省現職課長だった武田康祐さんが韓国でヘイトスピーチし暴行をはたらいた

武田 康祐(タケダ コウスケ)容疑者プロフィール

内閣官房一億総活躍推進室・働き方改革実現推進室 内閣参事官

1995年労働省入省
2003年厚生労働省雇用均等・児童家庭局総務課長補佐
2005年鹿児島労働局総務部長
2007年厚生労働省政策統括官付労働政策担当参事官室長補佐
2008年在タイ日本国大使館一等書記官
2011年厚生労働省職業安定局雇用政策課長補佐
2012年内閣府政策統括官(経済社会システム担当)付参事官(社会システム担当)付企画官
2014年厚生労働省労働基準局労働条件政策課労働条件政策推進官
2015年内閣官房一億総活躍推進室企画官
2016年内閣官房一億総活躍推進室内閣参事官、内閣官房働き方改革実現推進室併任
韓国でヘイト暴行の武田康祐さん
武田康祐さんが携わっていた「働き方改革」も嫌韓の巣か?
韓国でヘイト暴行の武田康祐さん
嫌韓を胸に抱きながら「働き方改革」の様々なセミナーで講演していた。

事実上の現職官僚ヘイトクライム

日本すごい」の忖度マスコミではほとんどのヘイトスピーチや差別扇動デモが報じられない。それ以上に、日本国内には差別を背景とした事件、暴行、殺人、いじめ、いわゆるヘイトクライムが各地で起こり苦しんでいる外国人が多くいる。入管で自殺に追い込まれる移民、外国人実習生、空港で朝鮮学校生徒のお土産没収や無償化排除。警察までもが市民に暴力的で差別用語を使うようになった安倍政権、その背景にはこんなヘイト官僚嫌韓官僚が日本でうごめいているからだろう。

行政が人種差別を放置・扇動

事件の背景には、国や行政が人種差別を放置どころか扇動していることだ。おまわりさんは自らの差別意識を隠すこともしない。ヘイトスピーチ防止条例を守らない無法なおまわりさんを誰が取り締まってくれるのだろうか。

差別用語を使うおまわりさん
差別用語を使うおまわりさん
ヘイトでもの抗議に来た市民の首を絞める警察
嫌韓デモを守り、市民の首を絞める警察
嫌韓デモ
嫌韓デモ、いわゆる差別扇動デモを警察が何重にも守る異常な光景
「韓国死ね、キチガイ」などのヘイトスピーチ禁止条例に違反の行動を前にしても見て見ぬ振りの行政や官僚が本心で何を考えているのか、金浦空港のヘイト暴行事件ではっきりと。

外国人へのリンチ

警察官に取り押さえられ、特殊な拘束具で手足を拘束
2017年3月、ネパール人のシン・アルジュン・バハドゥールさん(当時39)が東京地方検察庁の取り調べ中に意識を失い、病院搬送後に死亡した事件で、当日の朝、警察官に取り押さえられ、特殊な拘束具で手足を拘束された経緯の詳細が明らかになった。(ビジネスインサイダーより)

ネットの反応

ツイッターの反応

https://japanese.joins.com/article/082/241082.html

関連記事

同じ年の3月、世田谷年金事務所所長も差別扇動発言(ヘイトスピーチ)で問題になっていた。こちらは個人情報保護の観点から人種差別扇動行為の枠を超え、行政の問題に波及するだろう。日本は政府や行政、警察までも差別意識が蔓延したヘイトネイション(人種差別の国)のようだ。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です