韓国PD手帳が暴露!櫻井よしこと西岡勉は韓国公安スパイ確定

スポンサードリンク

世の中に永遠の秘密というのはない。
2021年8月10日、韓国の人気番組「PD手帳」で、日本ととんでもない調査報道が発表された。ネトウヨの女神・桜井よしこ、ネトウヨの教祖・西岡勉が、韓国の公安といえる組織「国家情報院」と密接に連携、日本の情報とカネで連携しあい、事実上の韓国スパイとなっていたという、衝撃のレポートだった。

関係者の暴露映像が韓国MBCで2021年8月に放送され騒然となった「不当捜査〜国政院と日本極右」スクープ(前半)
スクープ(後半)

忙しくて映像を見てられない。韓国語だから読めない。という、方のために、そのレポート映像の要点化し以下にまとめました。韓国のスキャンダル大好きな日本のマスコミやネトウヨも、この件に関しては水を打った様に静まりかえっているので、テレビ新聞で目にすることはほとんどない。

PD手帳の要点まとめ

  • PD手帳、かなり本格的だな、日本第一党まで取材。
  • 韓国国家情報院が日本公安に情報を流し、公安が極右に情報を流している。
  • 櫻井よしこについて具体的に説明 国家基本問題研究所。
  • 菅さんが、櫻井よしこの団体が認めた韓国の二人に祝電をおくった。二人は慰安婦は売春だと主張している有名な二人。櫻井よしこ、西岡勉。
  • 西岡は韓国でも活発に活動。 国家情報院が脱北者を櫻井よしこの団体とつなげていた。
  • 北朝鮮について、世界で最も情報にたけているのは国家情報院。国家情報院は世界中の北朝鮮関連情報が集まる。 それを、櫻井を含む人たちに提供していて、それで国家基本問題研究所は大きい勢力になれた。 しかし、結果として親韓になるとおもっていた彼らは逆に嫌韓組織になってきた。
  • 国家基本問題研究所は、日本の良心的勢力にまで攻撃をし続けた。文春などを通じて、植村隆への攻撃的な記事の展開を行う。彼の中学生だった娘は右団体から殺害脅迫まで受けていた。(四ねという手紙が映る)
  • 裁判でまけた。 日本の裁判所が右傾化されて、投じ安倍政権だったから。
  • 言論テレビの場面 ホンヒョンが映る。 ムンジェイン政権への批判。中国と手を組んで社会主義へはしっていくと発言。「( ムンジェイン政権は)中国共産党のスパイだ。」。しかし、ホンヒョンは軍人でもあり、元海外で活動する韓国国家情報院出身。
  • 国家基本問題研究所のフォーラムにも出演して、講義をしている。日本の右団体には韓国国家情報院出身が所属している。かれらにホンヒョンは金をわたしていた。すべて現金。密室であい、ごはんをたべては封筒に金をいれて渡している。2012年パクグネ政権の選挙運動にも積極的に関与。
  • 国家情報院と国家問題研究所が手を組んだのは、進歩政権が韓国に定着するのを防ぐためであった。北との融和政策により、自民党の根幹が揺るぐ。
  • ホンヒョンは取材拒否
  • 櫻井よしこにもインタビューを数回リクエストしたが、「電話担当だから、わからないから切る」といい取材拒否。櫻井よしこのライブ放送終了後に突撃。韓国MBCといったら、櫻井よしこは無視して乗車。
  • 日本の専門家らは国家基本問題研究所は格がちがう団体だと定義。実際は、自民党のシンクタンク
  • 国家情報院のこういった活動はブーメランになり、韓国にもどってきた。 慰安婦協議がそうだ。
  • 吉見義明(よしみよしあき=日本の歴史学者。日本近現代史専攻。中央大学商学部名誉教授、日本の戦争責任資料センター共同代表。)「日本政府としては韓国側に特になにも約束もなしで行った。おおきな手柄といえるだろう。」
  • 慰安婦問題協議にも国家情報院が絡んでいた。反対していた国家情報院の職員(日本で活動)は、白い部屋に閉じ込められ、慰安婦問題行儀には参加させてもらえなかった。三日間、監査という名目で白い部屋にとじこめられた。
  • 日韓には建設的な会話もたくさんあったが、すべてぼつになった。辞めて外に出ても一言もしゃべるなといわれる。
  • 合議は、最初に文書で提出したのは日本。 韓国はほとんど文書を修正していない。
  • 保坂祐二(ほさかゆうじ=韓国の政治学者。世宗大学校教授、独島総合研究所所長。専門は政治外交学。)「慰安婦合議には問題が多いと指摘するも、国家情報院の職員は反発。その理由が日本の右団体の主張と全く同じものであった。
  • 菅(すが)官房長官が日韓関係改善に積極的と、きむおっくちぇが主張していたが、彼があとから日本の右団体の関連人物を紹介しはじめた。
  • 金玉彩(キム・オクチェ=北東アジア地域自治体連合(NEAR)の事務総長)は取材 拒否。 しゃべることないと強く反発 すべて秘密だから言えない。李丙琪(イビョンギ=パクグネ政権のブレイン)と菅が仲良くしていた
  • 李丙琪に書面で取材、弁護士が対応。右団体が10億円にもかなり抗議いていた。 しかし、櫻井よしこは外交的にすばらしい成果と絶賛。
  • 元国家情報院の職人(内部通告者)が墓のお参り。(慰安婦の墓の前で)自分がやってきたことが正しいのか、わからない。
  • 韓国国家情報院はPD手帳の問い合わせに一切返答をしていない。
  • 前国家情報院首長・金鍾泌(キムジョンピル=韓国の政治家。金泳三・金大中と韓国政治三金時代を築いた。妻は朴正煕の姪・朴栄玉。)と児玉誉士夫(こだまよしお=日本の右翼運動家。自称CIAエージェント。暴力団・錦政会顧問。朴正煕政権から受勲歴あり。)の写真。児玉は、韓国陸軍の行事にも参加していた。
  • 国家情報院は真実を明らかにするべきだ。

参考

翻訳字幕付き動画

ツイッターの声

取材した PDのコメント

放送終了後、韓国中のネット世論が騒然となり、動画ニュースで取材者PD自身が呼ばれ対談が行われた。PDが言うには…

  • 日本の公安は極右団体と繋がっている
  • 韓国諜報機関は、公安を通して極右団体に情報を流している
  • 国政院が保護すべき韓国国民情報を極右に渡し危険に晒している

韓国の保守勢力が、日本の極右勢力と繋がっていることは以前からネットニュースを中心に論説され、まことしやかに噂されていたことだ。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です